arukathon002_report_08

アルカソンレポート

#アルカソン 02
”路上計測コレクション”

Pocket
LINEで送る

arukathon002_report_01

 

7月29日土曜日、第2回目のアルカソン、林雄司さんの”路上計測コレクション”が行われました。

当日の参加者は14名。曇りがちのちょうど良い天気に助けられます。

まずは林さんのレクチャーからスタート。 今回の参加者の皆さんはほぼ林さんのことをご存知なのか、なんの抵抗もなくすっと説明に入って行きます。 なんとなく会の空気感がとてもデイリーポータルZのイベントに近くて良い感じ。

 

arukathon002_report_03

 

今日のテーマは ”測る” です。各テーブルにはメジャーからスラントルーラ、温度計など様々な計測器が並びます。 参加者の皆さんはそれぞれ一つづつ計測器を持ち、街中のあらゆるものを 一つの単位に絞ってとにかく測りまくります。

チームは行き先別に銀座チーム、東京駅チーム、茅場町チームに別れ1時間半後に日本橋に再集合の予定。私は茅場町チームに合流し、みなさんの後を追います。

arukathon002_report_02

早速心拍計なんて持ち出した方がいらっしゃいました、、、(当然ですが数字は0です。)

工事現場の壁や歩道の縁石、ガードレールやポスト、橋の欄干などとにかく目についたものを各々 自由に測って行きます。

なんとなく30センチを基準にしたものと100センチを基準にしたものに 別れ、これがいわゆる尺貫法とメートル法の違いかと体感的に理解します。

このまま尺貫法の寸法を探して神社をホッピングすることに。 日本橋地区は歴史の古い街だけあり、探してみると色々な所に神社があります。

arukathon002_report_04

30センチ、90センチといった数字が並び、「やっぱりー」 とメンバーで納得していると、今度は角度が気になり出します。 神社のスロープの角度は5度。これ、実は直後に測った首都高の入り口の角度と同じでした。 (入り口の優しさの角度は神社も首都高も同じ。)

arukathon002_report_06

 

そのままフラフラと隅田川まで歩き、予定の時間になったので日本橋に戻ります。

戻ってからはみなさんひたすら写真に撮った発見を #アルカル発見 をつけてツイートします。その数なんと80超! 印刷されたツイートに測った寸法を書き込み、地図に実際に張り出してみてどこに何があったかみんなで共有。arukathon002_report_07

今回の優秀賞はソフトクリームのオブジェの温度が冷たくない(当たり前ですが)ことを発見したmari@aozoraさんと、 神社のスロープと首都高のスロープが同じ角度と発見したanoさん。おめでとうございますー。

最後は例によって全員でアルカルポーズでお別れです。

arukathon002_report_08

みなさん暑い中お疲れ様でした!

次回は8月12日土曜日、我らが慶應義塾大学の石川先生による渋谷迷走です。お楽しみに。       

Pocket
LINEで送る

text by

OTHER STORY

web-funa-form3

人々が歩き、訪れた老舗の
過去と現在と未来

東京都江東区にある亀戸天神のすぐそばに佇む老舗和菓子店、船橋屋。   数多くの著名人が愛したことでも知られる同…

web-asa-form2

人間の基本行動をベースに
デザインされるショップ

「すれ違う人が美しい」。   1973年、渋谷に某ファッション商業施設がオープンするにあたって展開した広告のキ…

web-y-form2

街を歩くことで完成する
ファッション哲学

時は1950年代アメリカ。   戦後取り入れられた全体主義の反動から、ロックンロールをはじめとするさまざまなカ…

web-biri-form2

夫婦の誕生を「歩く」を
通して感動に変換する力

旧くは「祝言」と呼ばれていた夫婦の誕生を祝う習慣が、結婚式という明確なイベントとして進化したのは明治時代と言われている。…

web-morieda-form02

歩いて得られる五感を元に
創られるオリジナリティ

  価値観には2種類ある。   個人が主体的につくりだす独自性の高いものと、個々人の相対的関係から生…

dammy

「歩く」の記録を
蓄積して可視化する

「GPS」(Global Positioning System)は、もとはアメリカの軍事技術として開発されたものである。…